2018-19シーズン2歳戦終了

 有馬まで続くうちのPOGにおいて2歳終了は「折り返し」ではありませんが、まあ、一つの節目として。

 毎年、指名馬のレベルが高い、高いと言っていますが、今年は特に高い。G1昇格2年目のホープフルを含めた3G1完全制覇。その3頭以外にも重賞勝ち馬3頭と、過去一番と言っていいハイレベル戦になっています。

 中間1位はマッチさん。アドマイヤマーズの朝日杯は、デムーロの好騎乗が光る一戦でしたが、馬の機動力も卓抜したモノがあり、今年のステルヴィオ以上の結果を残しそうな気がします。他にも7頭が勝ち上がりと前年に続くハイアベレージ。大物も擁する今年はついに旗取りのチャンス到来でしょうか。

 2位はドゥトラさん。ダノンファンタジー阪神JF勝利。決着を付けるべきライバルとの再戦は年またぎとなりましたが、馬のメンタル面や輸送の分を考えると、優位な立場と言えそうです。12月に入り楽しみな馬も続々勝ち上がっていて、年明け以降も楽しみですね。

 3位はボーノさん。ホープフル2着のアドマイヤジャスタ筆頭に、今年も倍ポイントで大きく稼いでいます。レースを選んで勝ち上がってきた感じのあるダノンチェイサーが、来年表街道であっさり勝ち進むようなら、連覇も見えてきますね。

 4位は私。つくづく、阪神JFを回避した2頭が悔やまれますが、グランアレグリアがサートゥルナーリアと並んで今世代トップホースであることは疑う余地もありませんし、上位牡馬も含め来年はしっかり稼いで欲しいところです。

 5位はルドルフ2世さん。G1を勝っているのに5位、と言う今年の異常さの象徴的な感じですが、そのG1馬は早くも昨年の牝馬3冠馬を凌駕する雰囲気を出しつつありますし、倍グループやデビュー前の馬が噛み合えば上位争い必至です。

 6位はとっとこさん。保護の恩恵ない中で、クラージュゲリエやジャミールフエルテなど将来性豊かな牡馬を指名成功。2倍ポイント馬や牝馬が伸びてくれば上位は見えてきますね。

 7位はササメユキさん。シェーングランツはタイプ的にこの時期にすでに重賞勝ってG1出てきていることが大きく、オークスへ向けて視界良好そう。大物感ある1勝馬も多く、楽しみな年明けです。

 8位はハーパーさん。ラヴズオンリーユーを筆頭に牝馬路線の手駒は充実。勝ち上がり目前の牡馬が順調にいけば隙の無い布陣になりそうです。

 有馬後にもアナウンスしましたが、年明けは最後の入れ替え指名タイミングです。放出は1/3まで、リストは1/4の18時必着でお願いします。

 追記:放出するのは私だけのようなので、明日18時に入れ替え指名馬を反映して出走馬アップします!