出資馬考。

PDFカタログ見ながら一考。

母優先の二択。有力だった方は謎に強気な値段と母と同じ厩舎じゃないので魅力激減。走って欲しいけど、出資となると、そりゃないよキャロットさんという感じ。下手したら唯一の産駒になる可能性も有るので、値段には目を瞑っても良かったんだけど…。父の産駒は初年度が思いのほか走ってるけど、あくまでB級サンデーだからね。安馬から掘り出し物を探すのが良いと思ってる。

…いや、てかね。母の出資者にとっては、あの震災の時のコトも含めて、コジシゲさんとの「終わっていない物語」の続きが観たいのですよ。なのにこの厩舎変更…妹が布石だったのかも知れませんが、正直、がっかりすると共に結構怒っています。預かる厩舎に罪はないんですけど、何のゆかりも思い入れもないですし(現出資馬に関しては我慢してばっかりですし)。抗議の意味も込めて当面出資しない…ってのは自分的に辛いので、この厩舎への出資はもうしないでおこうかな。繰り返しますが、預かる厩舎に罪はないんです。感情の問題です。気にならない人は、馬は良さそうだし、是非出資してあげて欲しいです。

さておき。もう一頭の母優先にして今年の目玉候補に関しては、そもそも母優先枠に牝馬は求めてないのでその段階で99%なかったんだけど、母の厩舎が解散して、受け皿になっている厩舎はどこもイヤだなあ、と思っていたら、そのうちの1つになって1%追加。終了。今後牡馬が出てきておっ、と思える厩舎だった時だけ権利行使を考える。母馬優先ってのは、好きに買える権利であって、買わなきゃいけない権利じゃないからね。特にこの母の子はアベレージかなり低そうだし、使うなら引退までに一頭だけ、乾坤一擲で行く。そういう意味でも2番子くらいまではスルー一択。私の分も一般で欲しい人に回ればウインウインってことで(?)。

そんなわけで母優先は行使しない方向(何か逆転が起こらない限り)。そうなると×2の使いどころが鍵か。気になる馬が5・6頭いるのでこの中で一番人気になりそうな馬にするか、もしくは少し票読みをしつつ大物に行ってみるか。多分最優先+一般枠2頭くらいになりそうです。国さんとこのあの馬が大きすぎなくて、ナベヒロが乗りそうなあの関東馬が許容できるレベルの小ささだと良いなあ。数字早く見たいなあー。あとは、え、なんでその種牡馬付けた?という関東馬と、コレも数字次第+母優先で売れちゃいそうな関東馬。この辺が前向き候補。今年も欲しいの関東馬ばっか。関西で一番気になっていた馬はドNG厩舎で終了。あとはカタログ見ても一般枠候補として、アメリカンなあの馬と、姉に出資した牡馬、新規厩舎予定の馬、くらいかなあ。あ、知り合いが母優先持ってるあのG1馬の子は今年も好み。非優先の枠は相当狭いけどどこかで挑戦したい。

動画まだなのでじっくり見ます。

当ブログの一口馬主関連記事の一部はキャロットクラブさまより許可をいただき転載しております。記事の再引用、転載はご遠慮願います。